スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトル才

>ねず太郎一話はつまらんくて途中で読むのやめたけど二話はおもしろかったよ

ううむ。正直言うと二話になって突然ひねりがなくなったのを気にしていたところだ。
思えば今まで作ったもので反響が強かったのってひたすらバトルしてるだけの作品ばかりだったな
やっぱ僕はゆるいギャグを必死こいて考えるよりも
気の向くままバトル描いてたほうがいいのかナー

珍しく見栄えに比重を置いたバトル99%な漫画が一個進行しているので
それまで贔屓にしてやってください



10体目のネズ公【ハイテンション】を捕らえました
これでまた極楽行きへの道が一歩遠のきましたね
何体か飛ばしてる気がするけど忘れました
この圧倒的大活躍(というか自分の持ち場がネズミ捕りに適しすぎている)は上の知るところとなり
全面支援を約束されました

いつも思うんすが
ただの水死と熱湯に浸けて死への距離を縮めるのとでは
どっちの方が苦痛が少ないんだろう
まあ100度程度じゃ即死は無理か…



レイディアントシルバーガン


内容の濃さだけでなくサターン末期に発売されたことで生産数が少なく、
黄金にも匹敵すんじゃないかというような恐ろしいプレミアがついたりなんかして
世界中で伝説のSTGという扱いをうけている幻のタイトルが10年以上もったいぶってXBLAに登場

内容は猛烈な難しさのシューティング。ありえないぐらい死ぬ。
弾幕とはまったく違ったベクトルのヤバイ構成のステージがガチで殺しにかかる。
特定の敵を見逃したほうが点効率がいいという謎スコアリング方式がかなりエグイパズル性を持たせている。
あまりの神格化っぷりに目がくらんでうっかり買うと血ゲロ吐くことになるであろう。
反射能力やドット単位の操作テクを試されるただのヒドイ難易度のゲームなんかではなく、敵配置の急所を理解することにより、いたって無理のない進め方で美しく侵攻することができる。
今回はスローモーションで練習できるんでパターン構築がやりやすい。

今日という日までプレイ動画すら見てこなかったわけですが
アケ版の武器の切り替え方やソードやスプレッド等がらじおぞんでだったり、
効果音がまるっとレイクドに使われていたりなど
フリゲSTGに与えた影響の甚大さがうかがえますね
スポンサーサイト

Comment

No title

せっかくユハビィ描いたのに、お絵描き掲示板がリンク切れしちゃってますね……
書き込みがなかったために自動消滅したんでしょうか? 残念です。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。