スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DmC

DmC Devil May Cry (ディーエムシー デビル メイ クライ)DmC Devil May Cry (ディーエムシー デビル メイ クライ)
(2013/01/17)
PlayStation 3

商品詳細を見る


全体的な世界観とシステムが一新されたDMCシリーズの新作。
クオリティはベヨを引き合いに出しても最高峰、
一瞬で接敵できるムチが便利な戦闘システムも悪くないし
シリーズを通して執拗なぐらいやらされただるいパズルも鍵探しもかなり減っていてかなりスムーズな印象。

だがなにもかもを台無しにしているのはカメラワークの一点。
右スティックを動かさなければ三國無双みたいな視点でほぼ固定なうえ、これまでのシリーズで必ずあったロックオンボタンが撤廃されてしまったため敵が画面外へ消えまくる。
そのくせ敵の方向をきちんと向いてないとムチや銃などの遠距離武器がまともに機能してくれないしスティンガーは狙った位置に当たらない。それ以前にスティンガーのコマンドがかなり厳しくなって危険度が増している。
親指はかなり忙しいため右スティックなど動かしている余裕はない。
たまに演出でカメラが引いてくれる場面でより遊びやすさの違いを実感できる。
これまでのシリーズのカメラも大概だったが、今回に比べればマシですらある。
まったく新しいDMCを、というコンセプトはいいがよくない部分に限ってバッチシ継承してどうすんだ。
シナリオがいつにもまして適当なとことか。



遺跡島と7つのまほう

広い広いマップを探索する見下ろし型アクション。
BGMと絵のクオリティの高さはフリゲ史上類を見ないほど、
足場の見づらさも類を見ないほど。

メインルートが隠し通路みたいにカムフラージュされていたり、
装備もレベルも足りない状態で相当な奥地へ進めるためにすごい勢いで死んだり、
かと思えばかなり早い段階で最強レベルの武器がポロっと手に入ったりなど
ファミコン期みたいなドギツイ構成になっている。
が、その反面行けなかった場所へ行けるようになる要素は相当に練りこまれていたり。
アクションパズルという側面の方が強そうだ。

特筆すべきはえらく気合の入ったインターフェース。
別ウィンドウとして自由に配置できる全体マップ、
装備・スキルを割り当てることができるショートカットキーの過剰なまでの充実っぷり、
逆にキーボードを一切触らずとも攻略可能な徹底したマウス環境、
やけに詳細なアイテムリストのカテゴリタグなど
あらゆるアプリの手本のような構成は一見の価値アリだ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。